R1200GS Adventure & KTM990 Adventure アドベンチャー

BMW R1200GS Adventure アドベンチャー KTM990 Adventure アドベンチャーの旅日記















スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

KTM990の所感・・・・出発編




小学校のころ、従兄弟がVFRに乗っているのをみてから
バイクに乗りたいと思い、19で限定解除してから
大型バイクに乗り続けてこれたことを幸せに思う 近頃・・・・


KTM990を100キロ程度の散歩に2度ほど使用しての感想を・・

まずBMWadvの場合 アルミパニアは結構雨で錆び、埃で傷がつき
駐輪場で自転車に傷をつけられ、毎回取り外ししていた。
取り外しは容易だが、移動の際の取っ手がないために非常に搬送がきつかった。
空でもそれなりの重量があり、小学生の娘にちょっと持ってきて はできない。△
しかし、デザインとしては申し分ない。重さと強度の兼ね合いがむずかしいのであろう。

DSC_0258_20080901000641_20090113203541.jpg



KTMのヘプコ製は、プラスチック製ではあるが軽く、取っ手もあり非常に考えられている。
プラスチックであるので、値段もbmwの半額程度であるので神経質に使用しなくてもよさそう。
小学生の娘も軽々持ってこれる重量 ◎
60012027400.jpg
6001202510030.jpg

駐輪場からのバイクの出入りも
bmwであれば、少しの段差や体勢を崩したとき
一人では移動できないと泣きそうなときは
残念だが何度がバイクを倒してしまったことがある。
非常に重い。出発までに夏では一汗かいてしまい
旅の快適さを味わうことよりも、bmwに乗っているという
満足感で旅を楽しんでいたような気がする。

重さが200㌔程度のKTMであれば
難なく駐輪場からの移動ができるため、通勤やプールなど
日頃の足としたも使いたいと思う。
やはり、重いバイクは精神的に何かイベントをつくらないと出不精になるのだろうか
GSとGS-Aでもかなり重さが違うのであろうが
GS-Aは止まっているのを制御するには、日頃の肉体トレーニングも必要かもしれない。
GSチャレンジでもGS-Aを起こせる者しか参加資格が得られないなど
この重さは、林道や砂地ではスピード落とすと普通の人間では制御不能
ついでに足がツンツンであれば、怪我しないように飛んでしまうしかない。
990では、身長176で十分足がつき、体勢が悪くなっても
片足で十分耐えられる重さ。立ちコケは心配ないと思われる。

排気音
GS-Aは ジェントルな音 ◎
990は なかなか大きいLC-8の躍動ある排気音 △
990は朝 夜は近所でエンジンカットで駐輪しなければいけない。

給油
GS-Aはオンボードコンピュータがあるおかげで
残り何キロまで計算してくれるおかげで、何も考えなくても旅ができる ○
990は、タンクが左右に別れており、給油も給油口が水平でないので
満タンまでいれると吹き出るおそれもあり、いまはまだ8割程度入れて様子見の状況 △

続く・・・






  1. 2009/01/13(火) 19:44:12|
  2. BMW R1200GS Adventure
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旅に出た・・・・い | ホーム | バッテリーメンテナンス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omega1001.blog74.fc2.com/tb.php/170-79be17f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

omega1001

Author:omega1001
BMW R1200GS adventure 旅日記
ソロキャンプにいきたいけど、娘と
全国あちこちへ旅してます。
GSで多くの方々に巡り会え
感謝・感激の日々・・・ 

Expore your horizon

ブログリンク


[前へ]  [一覧]  [ランダム]  [次へ]

FC2カウンター

ガソリン 満タン!


gogo.gs

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

パーツ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。